印刷用PDFを見る
  • 住まい

-沿線の活性化に向けた新たな取り組み- 近鉄不動産の住宅リースバック事業「ずっと このいえ」をスタートします

 近鉄不動産株式会社(本社:大阪市天王寺区/取締役社長:倉橋孝壽)は、近鉄沿線での新たなサービ
スとして、住宅リースバック事業「ずっと このいえ」を2021年11月から開始します。


 住宅のリースバックは、「お客さまが今のご自宅にそのままお住まいいただきながら、自宅の売却(現金
化)ができる」というサービスであり、少子高齢化を背景に「老後資金を手厚く準備し、不安を解消した
い」「子供には別に家があり、残す必要がない」等、社会意識が変化する中で、「自宅を担保に融資を受け
る」という「リバース・モーゲージ」と並び、ご高齢者を中心に注目を集めています。

 本事業では、仲介、リフォームの店舗やお客さまセンター等のサービス拠点ネットワークが充実し、地域
の特性・マーケット情報を熟知する近鉄沿線である奈良市・生駒市の当社分譲住宅地の一戸建てを対象に、
当社が直接査定・買い取りし、売却後の賃貸借もお客さまと当社が直接契約を行います。
 これにより、お客さまが住宅資産の資金化に対して潜在的に持たれる、「より納得して自宅を資金化した
い」「現金化した資金は自由に活用したい」「資金化後も安心して楽しく居住したい」といったさまざまな
ニーズにお応えできると考えています。


 買い取らせていただいたお客さまのご自宅を、将来、建替えやリノベーションにより新たな住まいとして
提供することで、「空き家」の発生防止や、沿線コミュニティのライフサイクルの循環につながり、ひいて
は当社の事業目的の一つである、沿線の活性化にも資するものと考えています。
 また、お客さまの不動産への多様なニーズに対する、当社の不動産サービス「新築分譲、仲介(買いたい、
売りたい)、賃貸(借りたい、貸したい)、リフォーム(リフォームしたい、建替えたい)、ソリューショ
ン(有効活用したい)」等に加え、本事業は新たな価値を提供するものであり、沿線を中心としたお客さま
に、よりきめ細やかにサービスを提供することで、沿線価値を高めていければと考えています。

【別紙】住宅リースバック事業.pdf住宅リースバック事業 イメージ
印刷用PDFを見る