印刷用PDFを見る
  • 住まい

三重県最大級大規模レジデンス 「ローレルスクエア四日市富田」 2021年4月10日(土) マンションプラザオープン

 近鉄不動産株式会社(本社:大阪市天王寺区/取締役社長:倉橋 孝壽)は、四日市市富田に建設中の地上14階建、総戸数200戸の三重県最大級(※)の新築分譲マンション「ローレルスクエア四日市富田」マンションプラザが4月10日(土)にオープンすることとなりましたので、お知らせいたします。

 世の中ではコロナ禍の影響により家で過ごす時間が増え、人々の働き方や住まいに対する意識が変化してきています。本物件では、そういった背景やニーズに合わせて、ドアに触れることなく住戸玄関前まで行くことができる「非接触型の解錠システム」や、働く場所や時間を有効に活用いただける「Wi-Fi完備のコワーキングスペース」を共用部の一画に設けるなど、さまざまな設備・仕様により、多様化するライフスタイルに対応いたします。

 また、本物件の大規模なスケールを生かし、多彩なプランやサービスをご提供いたします。「健康」と「教育」をテーマにした教室やセミナーを定期的に開催する「コミュニティサービス」は、お住まいの方がマンション外に出ることなくお楽しみいただくことができ、マンション内のコミュニティの活性化と豊かな暮らしを目指しております。

さらに、近鉄不動産のマンションのご入居者様に発行するコモンズカードに、これまでの都ホテル 四日市に加え、今回新たに近鉄百貨店四日市店での割引サービスも追加いたしました。マンションにお住まいになられる方の暮らしを快適にバックアップする当社独自のサービスとなっております。

 多様化するライフスタイルに対応する設備・仕様や多彩なプラン・サービスにより、お住まいの幅広い世代の方々に安心で快適な暮らしと心地よさをご提供できればと考えております。

外観完成予想図.png

※《三重県最大級》の表記について、三重県内で総戸数200戸のマンションは、1995年以降で最も多い戸数となります。(2020年7月現在、MRCデータより)

【別紙】ローレルスクエア四日市富田.pdf
印刷用PDFを見る